小学生

特訓シリーズラインナップ

FLENS算数特訓対象:小1〜小6

FLENS算数特訓の流れ

カリキュラム

復習を重視したカリキュラム設計で、学力が確実に定着!

FLENSは2〜6月は前学年の内容を復習し、7月以降は該当学年の学習が復習できるようカリキュラムを作成していていますので、繰り返し学習により計算力が確実に上がります。また、重要単元は数ヶ月に渡り繰り返し出題されますので、確実に定着します。

塾での授業と連動した自宅学習用教材「リハトレブック」

塾での授業と連動した自宅学習用教材「リハトレブック」
FLENS算数特訓は自宅学習用教材「リハトレブック」と連動しています。
リハトレブックは一人で無理なく自宅で学習ができ、効果が上がるよう設計されています。

1つのユニットは表と裏の2ページで構成されています。

表面では、問題がパターンや難易度順に並べられています。
上から順に解くことで、以前習った内容を思い出しながら解き方を一人で身につけることができます。
Aパターンくり上がりのない2けた+2けたの計算
Bパターンくり上がりのある2けた+2けたの計算
Cパターンくり上がりのない3けた+2けたの計算
Dパターン十の位にくり上がりのある3けた+2けたの計算
Eパターン百の位にくり上がりのある3けた+2けたの計算
Fパターン 十と百の位にくり上がりのある3けた+2けたの計算

裏面では、表面で身につけた解き方を使ってパターンが混ざった問題を解きます。実際の授業をイメージしながら、時間を測って解くことを指導しています。

授業では・・・ タブレットを使った授業では、リハトレブックで出題された問題と、その類題が出題されます。
タブレットでは、各単元、全てのパターンが復習できるようになっており、難易度が無理なく少しずつ上がるように構成されています。
リハトレブックをしっかりやってくると、授業で活躍できる仕組みになっています。

カリキュラムの構成について

学習する単元には以下の3つの種類があります。
・細かく分かれたユニット
・学習したユニットが混在するまとめ問題
・大きな単元全体の復習をする総合問題

例えば、小学5年で学ぶ分数の計算は以下のような順序で学びます。 各総合問題は、分数の学習が終わった後も、たびたび出題され、3~5回くりかえし復習を行い定着を図ります。

1同分母のたし算
2同分母のひき算
3(1と2の混在)同分母のたし算・ひき算  ←まとめ問題
4異分母のたし算
5異分母のひき算
6(4と5の混在)異分母のたし算・ひき算  ←まとめ問題
7異分母:帯分数のたし算
8異分母:帯分数のひき算
9(7と8の混在)異分母:帯分数のたし算・ひき算  ←まとめ問題
103つの分数のたし算・ひき算
11小数と分数のたし算・ひき算
12(10と11の混在)小数と分数のたし算・ひき算  ←まとめ問題
13(1~12の混在)分数のたし算ひき算  ←総合問題

というように、繰り返し繰り返し算数問題に取り組むことで着実に計算力が上がります。

提供:FLENS株式会社

*教材一覧に戻る

FLENS国語 – 読む蔵対象:小4〜小6

教材を使った授業の流れ

概要

コンテンツ

中学受験においても扱われるコンテンツも搭載しております。

出題校例【中学受験】

特長1. 読書速度計測

じっくり理解して読み取れる読書速度を計測します。
(約300字の文章 目安時間30秒)

読書速度計測

特長2. 読み込みトレーニング

集中して読み込むことで、読解力を高めます。3000字の文章が「読書速度」より少し速いスピードで1文字ずつ表示されます。

読み込みトレーニング

特長3. [1ピリオド] 読解力テスト

読解力テストを対戦形式で行います。約300字ごとに、文章を正しく読み取れたか確認する問題が、10問程度出題されます。

[1ピリオド]読解力テスト

特長4. [2ピリオド] 語彙力テスト

リハトレブックと連動した語彙力テストを、対戦形式で行います。事前にリハトレブックで学習し本文と連動した語彙問題が、10問出題されます。解答後、語句並び換え問題にもチャレンジできます。

[2ピリオド]語彙力テスト

提供:株式会社インフィニットマインド

*教材一覧に戻る

Top